Swimwear Style

Swimwear Style

水着のサイズについて

水着でニーズの多いサイズは9号と11号です。スポーツ用品店でも品揃えの良い店舗では、7号や13号、15号もありますが、枚数が極わずかであることが多く、デザインやカラーを選ぶことができない場合がほとんどです。

そこでおすすめなのが、インターネット通販です。9号や11号はもちろんのこと、その他のサイズの水着もとてもたくさん販売されています。 インターネット通販を利用する場合、試着ができないので、購入の際にサイズに悩む人が多いです。水着は製品ごとに生地の伸び具合が違ったり、肩ひもの長さや柔軟性などが異なります。洋服と同様に、例えば同じ9号であっても若干の差が生じます。しかし、インターネット通販では、事細かに伸び具合や寸法などが紹介されています。疑問点があれば質問することもでき、返答してもらえるので安心です。

実店舗に品薄のサイズは、インターネット通販ですぐに売り切れることがよくありますので、もし気に入ったものが見つかった場合は、早めに購入することをおすすめします。

失敗しない水着のサイズの選び方

インターネットショップで新しい水着を買ったけれども、身体に合わずにそのままタンスにしまったままといった経験をした人も多いかもしれません。実は、水着のサイズの選び方にはいくつかポイントがあります。今回は適切なサイズ選びについて紹介します。

やはり、自分の身体に合った水着を選ぶためには、試着をするのが重要です。なぜならば、メーカーやシリーズによって生地や縫製が異なるからです。水着が大きいと水中で身体にフィットせず、スムーズに動けませんし、小さいと身体が締め付けられて呼吸が苦しくなるなど運動の妨げになります。そのため、購入する際は必ず試着するようにしましょう。また、インターネットなどで購入する際は、試着ができないため、必ずバスト・ウエスト・ヒップの大きさを測ってから、それぞれのどのサイズに当てはまるか確認し、当てはまったサイズの中で一番大きなものを選ぶと比較的身体にフィットしたものを購入することができます。

Favorite

2017/6/8 更新