講師の質で予備校を選ぶなら四谷学院はおすすめ

月に一度のテストでクラスをレベルアップしていくことが出来ます

そういった背景がありますので、四谷学院では科目やレベル(能力)ごとにクラスを振り分けて、月に一度のテストでクラスをレベルアップしていくことが出来ます。
大人数のクラス講義ではありませんので、講師と生徒の距離の近さも評価されています。
四谷学院では基本的にはテキスト学習で、自分で進めていくことになります。
受け身である講義とは異なりますし、自分でわからないところが出てきたところは徹底的に何度も解きますし、理解の確認テストがあるまでは繰り返します。
武田塾というところがありますが、実はその方法と似ている部分もあるのも注目されています。
55段階個別指導と、科目別能力授業を平行して行っていきますがこの科目別能力授業はテストの結果によって今のクラスでよいか判定してもらうことになります。
55段階個別指導では、まるつけを担当講師が行い、それによって指導を受けられますがわからないところもその時に質問することができますし、個別指導の強みがあります。
進路について、また日々の学習についての不安というのは受験生であれば誰しもが持っているものです。
そんな時に相談できる環境があるかどうかは、受験に挑む中で大きなポイントとなります。
四谷学院では進学指導のアドバイザーが担任として1人付いてくれる担任制度があります。
担任が勉強の方法や講習で何を選択するのが良いか、アドバイスをしてくれることもあります。

四谷学院は三大予備校の一つでもある知名度の高さからレベルが高い | 月に一度のテストでクラスをレベルアップしていくことが出来ます | 担任はアルバイトではなく経験豊富なプロ